メニュー

HSV SDKに搭載する高速ビジョンセンサーとリリースの発表

日本語 | English | 中文(简体)

日本語 | English | 中文(简体)

ニュース

HSV SDKに搭載する高速ビジョンセンサーとリリースの発表

カテゴリ: ニュース 作成日:2017年05月17日(水)

== お知らせ @ 5月23日 ==

本ニュースリリースでご案内しました数量限定のベータ版(有償) は、おかげ様を持ちましてご予約数が予定数に達した為、5月23日にご予約の受付を終了させて頂きました。何卒ご理解の程、お願い申し上げます。

 

2017年5月17日

株式会社エクスビジョン

 

株式会社エクスビジョン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤井 照穂)は、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の毎秒1,000フレームの高速センシングで対象物の検出と追跡を実現する高速ビジョンセンサー『IMX382』を搭載した「HSV SDK(High Speed Vision Software Development Kit)」のベータ版と製品版のリリーススケジュールを発表しました。

 

エクスビジョンの母体である東京大学石川渡辺研究室[1]は、1989年より高速画像処理とその応用に関する研究を続け、そこで生まれた数多くのユニークな研究成果は世界中から注目を浴びています。

このたび同研究室とソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社による共同開発の成果として、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社より高速ビジョンセンサー『IMX382』の発表[2]が行われました。

 

エクスビジョンでは、前述の高速ビジョンセンサー『IMX382』を活用した高速画像処理ソリューションの採用を積極的に推進するために、以下の発表を行いました。

  1. 高速画像処理ソリューションの開発・実行環境であるHSV SDKの評価ボードに高速ビジョンセンサー『IMX382』を搭載。
  2. HSV SDKの数量限定のベータ版(有償)を、2017年9月にリリース。
  3. HSV SDKの製品版を、2017年12月までにリリース。

 

前述の高速ビジョンセンサー『IMX382』を搭載した評価ボードのCamera Unitと、Host Systemなどの全体概念図は、以下の通りです。

Camera Host500

 

SDKのソフトウェアの構成は以下の通りです。

CU HOST500

 

HSV SDKの価格発表については、後日行います。

また、数量限定のベータ版(有償)については、本日より予約を開始します。

詳細につきましては、下記の 「お問い合わせ先」 までご連絡をお願い致します。 なお、本発表内容及びスケジュールは、諸事情により変更される可能性があります事をあらかじめご了承ください。

お問い合わせ先

株式会社エクスビジョン 高速画像処理プラットフォーム担当

Emailこのメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。

 

 


[1] 東京大学石川渡辺研究室: http://www.k2.t.u-tokyo.ac.jp/index-j.html

[2] ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の発表 https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201705/17-051/index.html