メニュー

エクスビジョンがHSV SDK を 2018年1月下旬提供開始

日本語 | English | 中文(简体)

日本語 | English | 中文(简体)

ニュース

エクスビジョンがHSV SDK を 2018年1月下旬提供開始

カテゴリ: ニュース 作成日:2017年12月18日(月)

ニュースリリース

2017年12月18日

 株式会社エクスビジョン

 

高速ビジョンセンサーを搭載したHSV SDKを2018年1月に発売
-- 株式会社マクニカ アルティマ カンパニーと代理店販売で提携 --

  

株式会社エクスビジョン(本社:東京都文京区、代表取締役社長:藤井 照穂)は、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社の毎秒1,000フレームの高速センシングで対象物の検出と追跡を実現する高速ビジョンセンサー『IMX382』を搭載した「HSV SDK(High Speed Vision Software Development Kit)」を、2018年1月下旬より発売することを発表しました。

エクスビジョンでは、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社により開発された高速ビジョンセンサー『IMX382』を活用した高速ビジョンソリューションの採用を積極的に推進するために、実行環境であるHSV SDKの評価ボードに高速ビジョンセンサー『IMX382』を搭載したHSV SDKの製品版を、2018年1月下旬より発売します。この成果は、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託業務の結果得られたものです。

 

前述の高速ビジョンセンサー『IMX382』を搭載した評価ボードのCamera UnitとHost Systemの全体概念図は、以下の通りです。 

Camera Host

 

HSV SDKのソフトウェア構成は以下の通りです。

CU HOST

 

 また、エクスビジョンは半導体やネットワーク機器の輸入、販売、開発を手がける大手技術商社の株式会社マクニカ アルティマ カンパニーと、国内で販売するHSV SDKの代理店販売に関する契約の締結を発表しました。 株式会社マクニカ アルティマ カンパニーは、エクスビジョンのHSV SDK製品を販売するとともに、今後はHSV SDKをベースとした高速ビジョンソリューション製品を新たに販売します。今回のチャネルパートナー契約は、高速画像処理分野で革新的なソリューションの普及を目指すエクスビジョンと、高い技術力及びそれを裏付ける企業体制を持つ株式会社マクニカ アルティマ カンパニーとの間で、高速ビジョン関連市場を開拓したいという狙いが合致し、合意に至ったものです。詳しくは、以下の「お問い合わせ先」までご連絡をお願いします。

 

本日発表した内容及びスケジュールは、諸事情により変更される可能性があります。あらかじめご了承ください。

 

お問い合わせ先

株式会社エクスビジョン 高速ビジョングループ

Email:このメールアドレスはスパムボットから保護されています。閲覧するにはJavaScriptを有効にする必要があります。